神通のお葬式とはどういうお葬式か

神式でも通夜式のようなものがありますが、通夜式とは呼ばず通夜祭といいます。神式の場合、死をけがれとしていることもあり、神式の場合、自宅、斎場などで行うのが通例です。前日の通夜祭が終わると、神式のお葬式に当たる葬場祭が行われます。死のけがれを清める意味をもち、お亡くなりになった方が神としてお祀りされる儀式です。

神道の場合、通夜祭でも手水の儀を行いますが、葬場祭でも同じように手水の儀を行います。用意された手桶から右手でひしゃくをもって水を汲み左手を清め、清めた左手にひしゃくを持ち替えて右手を水で清めます。次に左手に水を受けて口を注ぎ、さらにもう一度ひしゃくで左手に水をかけるという清めの儀式です。口元、手は用意されている懐紙でふき取るのがマナーとなります。

手水の儀を行い、次に修祓の儀と呼ばれるお祓いを行って、祭祀奏上、玉串奉奠の順で進められるという流れです。この後、故人は出棺となりますが、これを出棺祭、焼き場で荼毘に付される時が火葬祭、さらに帰家祭があり直会で終了となります。直会というのは仏式でいう精進落としと同じものです。

注意点として、神式のお葬式では数珠は利用しないため、注意が必要となります。また通常、お悔やみを申し上げるのですが、神通ではお悔やみを述べるとき、ご冥福、成仏、供養という言葉は仏教用語となるため、利用しないようにすべきです。