お葬式に利用するお香典の宗教の違い

日本のお葬式は仏式が多いといわれていますが、参列するお葬式が神式だったり、キリスト教という場合、お香典のことに関しても理解が必要となります。どれでも一緒ではないかと思っている方も多いですが、宗教によって違いがあるので理解が必要となります。

仏式の場合、黒白水引の上中央に御香典、御仏前、御霊前という表書きになります。香典袋に蓮の花が書かれているものがありますが、仏式専用の香典袋です。霊の前に供えるのが御霊前、仏の前に供えるのがご仏前、一般的には四十九日を過ぎてから御仏前です。しかし、浄土真宗の場合往生即成仏という考え方があるため、御霊前という言葉がなく、全てにおいてご仏前となります。

神道の表書きは御玉串料もしくは御榊料、御神前、御花料です。キリスト教ではプロテスタントは弔慰料、カトリックは御ミサ料とすることもあり、水引など特に必要なく、カラーも決まりがないとされています。ただこうした宗派の違いがありますが、香典袋の違いがあるから受け取らないということはありません。

しかし遺族としてはやはりあまり気持ちがいいことではないので、特に、仏式の御霊前と御仏前の香典袋を間違えてもっていかないように気を付けるべきです。四十九日の法要までは御霊前、過ぎたら御仏前と理解しておくと安心できます。