キリスト教のお葬式はカトリック、プロテスタントで違いがある

キリスト教のお葬式の場合、通夜式というものは存在していません。しかし日本のキリスト教の教会では、通夜式的なものが行われています。これは日本独自のものであり、本来キリスト教では通夜式というものはありません。今行われている通夜式については、宗派によっても違いがありますし、教会によっても異なるのでお葬式が行われる教会で確認が必要となります。

キリスト教のお葬式はミサと呼ばれるもので、通常教会で行うものです。しかし現代は、自宅、斎場を利用して行うことも多くなっています。キリスト教のお葬式でもカトリックとプロテスタントによって違いがありますので注意が必要です。

カトリックのお葬式の場合、故人の罪を神様に許してもらい、永遠の命を得られるように参列された皆さんで祈りをささげるという式となります。聖書を朗読、神父の説教を聞くなどの言葉の典礼があり、その後、パンや葡萄酒を奉納する感謝の典礼が続くという流れです。

プロテスタントの場合、神様に感謝し、遺族を慰める意味の濃いお葬式で、故人に祈りをささげるのではなく神様に祈りをささげる事が主軸のお葬式となります。聖書の朗読、賛美歌斉唱なども行いますし、また牧師様の説教を聞きます。