仏式のお葬式の宗派によるお焼香の違い

通夜式、お葬式の際にはお焼香を行います。お焼香は儀式の主軸となるもので、霊前を清める意味、またお亡くなりになった方の冥福を祈る意味を込めて行うものです。一般的には、通夜式、お葬式のほか、法事でもお焼香を行うことが多いですが、お葬式、告別式の場合は、シキミの葉や皮を利用して作った香である抹香が利用されます。

一般的にお焼香は座礼と呼ばれる座って行うものと、立礼と呼ばれる立って行うものがありますが、一般的に自宅で行う式、寺院の式では座礼、斎場の場合立礼が多いです。会場が狭く、その上参列された方が多いという場合、自分の席でお焼香してもらう、回し焼香ということもあります。お焼香は喪主、ご遺族が終わってから一般会葬者に続きます。

お線香や抹香を香炉にくべる回数ですが、一般的にはお線香を1本から3本程度、お焼香を1回から3回程度行います。このお焼香の回数や作法について宗派による違いがあるのです。

主な宗派を例に挙げると、天台宗と真言宗は抹香で3回、浄土宗は特に決まりがありません。浄土真宗本願寺派は抹香で押しいただかず1回、浄土真宗大谷派の場合は抹香で押しいただかず2回となります。曹洞宗は抹香で1回目押しいただく、2回目そのまま落とす、日蓮宗は特に決まりがなく3回が多いとされています。