お葬式で知っておきたい宗教の違いとマナーについて

お葬式のマナーを理解する事は重要

お葬式のマナーを理解する事は重要 お葬式はお亡くなりになった方々のお見送りの儀式として古くから行われてきたものです。宗旨宗派などによってお葬式の形も色々で、また死に対する考え方も様々といわれています。現代は家族葬などの今までになかったお葬式が登場していますが、こうした儀式そのものに対して古くから宗教などにより違いがあります。仏式、キリスト教式や神式葬などが主なものです。

日本では無宗教という方が多く、お葬式についても先祖の菩提寺のお寺さんに相談するなど、自分が宗教を持っていなくても、先祖のやり方に沿って行ってきた人が多くいました。しかし現代は、実家の菩提寺に沿って行わず、ご家族それぞれが故人にあった式としたり、故人が遺言でお葬式の選択をされることも増えてきました。

昔から行われてきたものとしては、仏教、神通、キリスト教式がありますが、人のお葬式に出るときにそのしきたり、マナーなどを知っていないと恥をかくこともあります。大人になると会葬することも多くなるため、仏式、神式、キリスト教式の主な三つのお葬式については、ある程度の知識と理解が必要となります。

日常的にこうした悲しみの場はそうあることではなく、マナーについていつかは覚えようと思っていても、なかなか実現できないという方は少なくありません。しかし遺族や故人にとって非常に大切な儀式となり、また故人との最後のお別れの場となります。その故人にとっては二度と行われることのない儀式となりますので、大人として、遺族、故人に失礼がないようにマナーもしっかり覚えておくべきです。

仏式、神式、キリスト教であっても、訃報の知らせを聞いた際には、故人との関係性、現在の状況を考え、弔問する準備を行います。故人との仲が親しく親友関係などの場合、できる限り早く駆け付ける事が通常です。故人とお付き合いがあってもそれほど親しくないという場合には、即弔問するのではなく通夜式、告別式の際に訪れるほうが遺族にとってもいいタイミングになります。

お葬式の日程、またどのように行うのかについては通夜式、告別式が決まり次第、訃報という形で届くはずです。故人と生前仲良くしていただいた、よくしていただいたという親しい方については通夜式、告別式の両方に参加することになります。キリスト教などの場合、お葬式の表記に関しても全く違いますが、訃報を聞いた時の対応は同じと考え、自分と故人との関係をよく考慮し、伺うタイミングなどを考えるべきです。宗教の違いによって、お香典やそのほか、マナーなども違う部分がありますので、こうしたことも理解する必要があるでしょう。

最新記事